So-net無料ブログ作成

S 最後の警官 5話感想。半沢直樹の近藤さんきたー!今回は神父役。 [S 最後の警官 感想]

S 最後の警官 5話感想。半沢直樹の近藤さんきたー!今回は神父役。

S 最後の警官5話、神父役として出てきた俳優の滝藤賢一さん。
でてきた瞬間、あ!近藤さん!と思いました。半沢直樹見てない人すみません笑

滝藤賢一さんは葛藤や、苦悩する姿が似合うっていうと失礼ですけど、
上手いですよね。人間らしく悩んだり苦しんだりする姿が胸を打ちます

何より半沢直樹の時と比べてめっちゃ痩せほそってるーー!?
すげー役者魂を感じます(^^;
e382bfe3839fe383a4e99bbbe6a99fe8bf91e897a4e38195e38293-280x300.jpg
before 半沢直樹Ver.

20140201-00000009-mantan-000-1-view.jpg
after S 最後の警官Ver.

すごくないですか?


劇中、癌で余命半年になった神父こと板橋(滝藤賢一)。
自殺志願者サイトでのやり取りで複数相談をうけていた事から、
神父を名乗るようになります。

Mから受け取った弾丸を配った事により、5人の自殺を誘発した。
彼は罪人だが、本当の意図はお守りを渡す事で少しでも楽になってもらうこと…

「私のやり方は間違っていたかもしれません」
「私は、あなたたちに生きていてほしい。」
「私自身も病によって、あなたたちと同じように生きる苦しみから逃れようと願った人間です。」
「しかし、そんな私に、生きる事の価値を教えてくれたのは、あなたたちだった。」
「人は、命の続く限り生きて行くべきなんです。」
「たとえどれだけ弱くても、どれだけ儚くても、あなたたちは生きていていいんです。」

板橋(滝藤賢一)の真意を知って、同情する一號(向井理)。

そんな一號(向井理)をみて伊織(綾野剛)は、
自らの過去を話す事によって、苦言を呈す。
それは、伊織(綾野剛)自身に言ってるかのような、戒めにも似た言葉…

「俺は、人を殺したやつを絶対に許さない。」

彼の姉は、同じ男に二度殺された___。
レイプされ、ナイフで滅多刺しにされた。

「神御蔵。大切な人を殺されても、それでもお前は、その犯人を救うのか?」

絶句し、言葉を返せない一號(向井理)。

神御蔵一號(向井理)と、蘇我伊織(綾野剛)。
表と影。陰と陽。どちらも正しい理念を持ちながら、
今後どう絡み合っていくのか?

余談ですが、レイプされた経験を持つ子っていうのは意外と身近にいます。
犯人は逃走、その後誰にも言えず終いで心に傷を抱えてる人は大勢います。
妊娠中絶…話を聞けば、犯人に殺意も湧くし、消えてほしいって思います。

自分じゃないから、その苦しみっていうのは想像しきれるものじゃありません。
だから…今回の伊織(綾野剛)の言葉は非常に重かった。
一瞬、目の前がくらくらするような。

S 最後の警官は2人の葛藤や意見の対立をみて、
視聴者に改めて考えるように、訴えかけているのかもしれませんね。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

Therese

私はあなたのブログを愛しています..とても素敵な色とテーマ。このウェブサイトを自分で作成しましたか?
またはあなたのためにそれをする人を雇いましたか?私のブログをデザインしたいと思っているPlzの返信と
あなたがどこからこれを得たのかを知りたいのです。どうもありがとう
by Therese (2018-03-05 17:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。